香港│新型コロナウイルス発生に伴う香港への入境体制について

中国における新型コロナウイルスの発生に伴う香港への入境体制について、現在、現地で行われている対策をお知らせいたします。

香港への入境体制について

香港政府は、中国人の個人旅行向けの新規ビザの発給を中止すると発表しております。(団体旅行は、中国政府が禁止。)

中国と香港を結ぶ鉄道駅などの状況

新幹線の西九龍駅、MTRのホンハム駅、高速船の九龍側港(中港フェリーターミナル)は、2020年1月30日(木) 0時より閉鎖されました。再開時期は現時点では未定です。

主要ゲートになっているMTRの羅湖駅・落馬州駅、香港島フェリーターミナル、港珠澳大橋は、平常通り利用可能です。

フェリー(ターボジェット)の運航状況等

1月29日(水)より、香港市内~マカオを結ぶ便が昼便→30分おきに1便、夜便→1時間おきに1便となりました。なお、01:00~06:00の時間帯は、フェリーの運行はありません。(香港始発07:00、マカオ始発06:15)

1月29日(水)より、香港国際空港発→マカオ行きの船便は、全て一時運航停止。一方、マカオ発→香港国際空港行きの船便は、通常通り運航しております。

マカオ・ボーダーゲート

1月27日(月)より、通関時間が06:00~22:00に変更となりました。

横琴税関

24時間通関可能。

マカオ人工島

  • マカオ~珠海間 — 08:00~22:00
  • マカオ~香港間 — 24時間通関可能

今後も状況により変更が生じる場合がありますので、ご旅行をご予定の方は、最新情報に十分ご注意ください。

情報提供:アイティーオージャパン株式会社/一般社団法人日本海外ツアーオペレーター協会

タイトルとURLをコピーしました