オーストラリアでは、2017年10月01日(日) 午前 02:00より、以下の5州において「デイライト・セービング」(夏時間)がスタートいたします。
これに伴い夏時間を採用している5州では、現地時刻がこれまでより1時間進みます。
当日、これらの州にご滞在の方は、前夜就寝前に時計を1時間進められることをお勧めいたします。

■ 夏時間が採用されている州
オーストラリア首都特別地域 (ACT) — キャンベラなど
ニューサウスウエールズ州 (NSW) — シドニーなど
南オーストラリア州 (SA) — アデレードなど
タスマニア州 (TAS) — ホバートなど
ヴィクトリア州 (VIC) — メルボルンなど

※夏時間開始日時:
2017年10月01日(日)の午前2時が1時間進み、午前3時となります。

※夏時間終了日時: 2018年4月01日(日) 午前3時

■ 夏時間を採用していない州
北部(ノーザンテリトリー)準州 (NT) — エアーズロック、ダーウィンなど
クイーンズランド州 (QLD) — ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコーストなど
西オーストラリア州 (WA) — パースなど

※これらの州では、時差に変更はありません。

10月01日以降のツアーの集合時間や飛行機などの発着時間は、このサマータイム適用後の時間でご案内しております。
この時期、オーストラリアにご旅行をご予定の方は、時差をお間違え無いよう、くれぐれもご注意ください。
(前日 9月30日・土曜日の就寝前に、時計の針を1時間進めてお休みください。)

スポンサーリンク