報道等でも取り上げられている通り、2017年10月26日より全てのアメリカ行きフライトの保安検査強化が始まっております。現在のところ大きな混乱はない模様ですが、保安検査で、「見知らぬ人から預かったものはないか」「手荷物から目を離さなかったか」といった質問が行われ、これまで以上に時間がかかっています。保安検査の質問内容や方法に関して、現時点では航空会社により異なります。

この保安強化に際し、デルタ航空ではアメリカ行き搭乗者に対して出発時刻の少なくとも3時間前には空港に到着するよう呼びかけております。

尚、この施策は日本国内からの出発だけでなく、アメリカへの路線を持つ全ての空港、航空会社で行われておりますのでご注意ください。また、アメリカ経由で南米等へ飛ぶ場合でも同様に保安検査強化の対象となります。

スポンサーリンク