基本情報

2009年1月12日以降にビザ免除プログラムを利用し、無査証で米国へ渡航、通過する場合、電子渡航認証システム(ESTA)による渡航認証を取得する必要があります。渡航認証の有無は、米国へ出発する際の航空(船)会社のチェックイン時に確認され、取得していない場合、米国政府によれば米国行きの航空機や船への搭乗や米国入国を拒否されます。
米国入国に際し、査証が必要となる方(就労、留学など短期観光・商用目的以外で渡米する方、及び査証免除の対象となっていない国籍の方)は渡航認証の取得は不要です。
グアム・サイパン査証免除プログラムを利用し、グアム・サイパンに渡航する方、陸路で米国に入国する方も渡航認証の取得は不要です。
尚、2010年9月8日より有料化されております。

渡航認証はどこで取得するのか

米国CBP(税関・国政取締局)のウェブサイト(https://esta.cbp.dhs.gov/)上から申請し取得します。
入力データはCBPのデータベースに照会され、承認、保留、拒否の3種類から1つの回答を受け取ります。
いずれの回答にも申請番号を付与されるので、回答画面を印刷するなどして番号を控える必要があります。
承認された場合、渡航認証取得となり無査証で渡米が可能です。
ただし、米国への入国が認められることを証明するものではありません。入国の最終決定は入国地で移民審査官が行います。
保留の回答を受けた場合は、再度ESTAにアクセスし最終回答を得る必要があります。
回答は申請から72時間以内に行われます。拒否の回答を受けた場合は、査証申請が必要です。

渡航認証はいつまでに取得するのか

遅くとも米国へ出発する72時間前までには渡航認証を取得することが推奨されています。
緊急渡航に対してもESTA申請サイトは対応可能です。

取得した渡航認証の有効期間

取得から2年間有効で、取得した時点で旅券の有効期限が2年未満の場合は、旅券の有効期限までとなります。
渡航認証の有効期間中に旅券に記載されている情報に変更があった場合は、新たに渡航認証を取得する必要があります。旅券以外の情報の変更については渡航認証のアップデート(更新)となりますが、これらの情報の入力は必須となっていません。

関連サイト

米国大使館ウェブサイト/日本語
CBPウェブサイト/英語
CBPインフォセンター(問い合わせ、Q&A)/英語